自分でできる「ワキ毛」の【脱毛】方法にはさまざまなものがあります。ポピュラーな方法の一つに、かみそりやシェーバーの使用があります。ムダな毛を残らずそり落とすのです。脚や腕のように広範囲な部位に対しては早く簡単に自分で【脱毛】処理ができます。しかし、「ワキ毛」の場合は脚や腕のムダ毛と比べると濃く太い毛になっています。完全な「ワキ毛」の【脱毛】処理をすることは、かみそりやシェーバーでは困難です。毛の断面が太くなると、逆に皮膚に埋もれた部分が目立つようにもなります。比較的きれいに【脱毛】処理をする方法としては、毛抜きがあります。これなら皮膚に毛が埋もれて残ることはありません。自宅で可能なわきの毛の処理としては、「ワキ毛」を脱色し目立たなくするものや、【脱毛】シートやクリームで毛を溶かすというものもあります。【脱毛】クリームや脱色などの方法では、肌に負担になり肌荒れの原因となることがあります。【脱毛】処理をしても、皮膚の下にある毛根が残っている限りは、どんどん新しい毛が作られ伸びてきます。新しい「ワキ毛」が生える度に頻繁に剃っていては、肌への負担が増すばかりです。皮膚が薄くなり湿疹ができることもあります。肌荒れが起きてしまっては、せっかくきれいな肌を保つべくこまめに剃毛をしていても逆効果です。対策としては、【脱毛】処理後は敏感な状態になっている肌にスキンケアを正しく行い、肌への負担を最低限に留めるようにすることです。酵素ドリンクで置き換えダイエット!