不妊治療の検査

これから「不妊治療」を受けようと思っている方は、一体どんなことをするのか不安だと思います。不妊の検査にはどんなものがあるのでしょうか?まず、産婦人科に行った場合、問診票に記入します。婦人科の問診票は、口ではとても言えないようなことを記入するようになっています。それから、診察や内診に入ります。「不妊治療」で婦人科にかかる場合は前もって基礎体温を付けるようにした方がいいです。付けていなくても、付けるように指導されるでしょう。検査の内容は個々によって違うとは思いますが、次のような検査があります。
【経膣超音波検査】・・・子宮の状態をみます。
【膣分泌物検査】・・・感染の有無を調べます。
【ホルモン検査】・・・血液を採取し、エストロゲンやプロラクチン、プロゲステロンなどの検査を行います。
【抗クラミジア抗体検査】・・・過去にクラミジアにかかったことがあるかどうかを調べます。
【子宮頸管粘液検査】・・・おりものの状態をみます。
【子宮卵管造影検査】・・・子宮や卵管の状態をみる検査ですが、卵管の通過具合も調べます。
【卵管通気・通水検査】・・・卵管が詰まっていないかを調べます。
【子宮内膜組織検査】・・・内膜の一部を採取し、異常がないか調べます。
【抗精子抗体検査】・・・精子に対する抗体が出来ていないかを調べます。
【ヒューナーテスト】・・・性交後の精子の進入具合を調べる検査です。
【精液検査】・・・男性不妊が疑われる場合に実施します。精子の数や、運動量などをみます。
以上が一般的な検査です。場合によっては、他に精密検査をすることもあるでしょう。看護師の求人で外来勤務が希望なんです

不妊と年齢

高齢になると「妊娠」しにくくなるといいます。そもそも【不妊】と高齢にはどういう関係があるのでしょうか。高齢出産とは35歳以上をいいますが、35歳を過ぎると突然【不妊】になるわけではありませんよね。晩婚化が進む昨今では、高齢出産もめずらしくありませんし、多くの場合は無事に元気な赤ちゃんが産まれています。では、高齢と【不妊】が全く関係ないのかというと、そうともいい切れません。年齢が上がるにつれて、卵巣の機能は衰える傾向にあるといわれています。それに合わせて卵子も老化していくようです。なので、健康で充分な大きさの卵子を排出出来なかったりするのです。また、受精してもうまく着床出来ない場合もあります。それに、年齢が上がると子宮筋腫やポリープなどの婦人科的な病気も多くなります。ホルモンの量の低下なども理由の一つでしょう。30歳を過ぎた頃から「妊娠」するための機能が着実に低下していくといわれています。以上のようなことが【不妊】に繋がることにもなるのです。年齢を重ねるにつれて、冷えに悩まされる女性も増えていく傾向にありますが、血流が悪くなることも【不妊】に繋がります。さらに、40歳以上のお母さんの流産率は20代のお母さんに比べると、2~3倍は増えるといわれています。しかも、「妊娠」中毒症になる可能性も20代に比べると2倍に増えるそうです。人それぞれのタイミングがあるとは思いますが、なるべく若いうちに「妊娠」・出産をした方がいいかもしれませんね。お肌の黒ずみ専用 ホスピピュア

タイミング法とは?

なかなか妊娠しないという方は、まず、『タイミング法』を試してみる必要があるでしょう。自然妊娠が十分に可能であるのに、妊娠しないケースでは、タイミングさえ合えば、妊娠する可能性が高いです。不妊治療の最初の治療としても『タイミング法』が最も一般的な治療法になります。医師から排卵の時期とセックスのタイミングを指導されるのです。保険適応になっていますし、経済的にも精神的にも負担が少なくて済みます。そして、『タイミング法』を行うためには、一番妊娠しやすい日を調べることが不可欠です。必ず基礎体温を付けて、正確な生理周期を知る必要があります。それに、妊娠の成り立ちについて知っておかなくてはなりません。簡単に出来そうな妊娠ですが、実はなかなか難しいものなのです。基礎体温を測っても、正確な「排卵日」を知ることが出来なければ、何にもなりません。低温期から高温期に移行する時期が排卵が最も起きやすいと言われています。卵子の寿命は一日しかありませんから、「排卵日」を間違えると妊娠が困難になってしまうでしょう。また、婦人科では経膣超音波を使って、「排卵日」を特定することができます。超音波で卵胞の大きさを計測し、排卵が起こる日にちを推測するのです。「排卵日」が特定できたら、「排卵日」に合わせてセックスをします。「排卵日」を手軽に特定する方法としては、「排卵日」チェック薬なども売られています。婦人科を受診する前に、そういったものを利用して「排卵日」を特定し、自分で『タイミング法』を試してみるのもいいかもしれません。背中ニキビや背中ニキビ跡を治す方法

不妊治療も費用

【不妊治療】は基本的に保険適応外です。なので、受ける検査や治療は、基本的に自己負担になります。妊娠・出産をするために、数百万使った・・・なんて話も聞きますよね。そして、自費検査であるということは、かかる病院によっても費用が変わってくるということになります。血液検査は項目にもよりますが、1万円かからないことが多いようです。
『タイミング法』・・・保険適応になります。どこの医療機関でも同一の料金になります。
『人工授精』・・・1万~3万程度が多いです。
『体外受精』・・・30万くらいが多いようです。2回目は1回目より安くなることが多いです。3回目になるとさらに安くなることが多いです。
『顕微受精』・・・40万くらいが多いようです。体外受精と同じく、回数を重ねれば少しずつ安くなることが多いです。また、受精卵を凍結保存するにも10万円ほどかかるようです。
【不妊治療】は、回数を重ねれば、重ねるほど、その費用は膨大になっていきます。夫婦の金銭的負担は大きいです。この費用の負担が苦しくて、妊娠をあきらめる夫婦もいることでしょう。お金を貯めてから、またチャレンジするなんて台詞も聞いたことがあります。ただ、最近では、【不妊治療】に対して助成金が出るようになりました。所得制限もありますし、地方自治体によっても違いますが、子供を授かりたい方の強い味方と言えるでしょう。助成金の申請を検討する場合、まずは、お住まいの役所のホームページで助成内容を確認する必要があります。まいぷぅがプロデュースのデトックス茶「美甘麗茶」誕生!